IH調理鍋アイコン

IHクッキングヒーターのしくみ



「火の無いところに煙は立たぬ」ならぬ「火の無い台所で料理ができる」。最初にIHクッキングヒーターを見たときはびっくりしたよね。手を載せてもなんとも無いのに鍋を載せると加熱されるって・・・。ここではIHクッキングヒーターのしくみを説明しますね。
IH調理器は、コイルに25kHz付近の高周波電流を流して、それによって発生する磁力線が鍋の底を通過すると、そこにうず電流と呼ばれる電流が発生する現象を利用して鍋を温めます。
金属製の鍋の中でうず電流が流れると、金属の持つ電気抵抗によってジュール熱が発生して、鍋自体が発生するというしくみ。このようにコイルを使った加熱方式を誘導加熱(Induction Heating)と言います。
うず電流が流れてジュール熱を出すには、銅やアルミニウムなどの電気抵抗の小さな金属製の鍋では効率よく加熱されないのでNG! IHクッキングヒーターに最も適した金属は磁石がくっつく鉄の鍋です。ステンレスでも磁石に付くものなら使うことはできますが、熱効率は落ちるようです。

IHクッキングヒーターのしくみ IHクッキングママ




←IH電磁波レポートのトップページへ戻る

Copyright(c)2007-2014 IH電磁波レポート All rights reserved